⑤いのちを守る医療を確立する。

  1. 増え続ける救命救急医療搬送に対応するため、適正利用の徹底で利用減と搬送時間の短縮、世田谷に救命救急医療センターの設置を実現します。
  2. 小児科の救急に対し、365日24時間体制の、休日、夜間診療、NICU(新生児集中治療室)のさらなる充実や小児医療体制を拡充し、小さな命を守ります。