小笠原諸島返還50周年式典

小笠原諸島返還50周年式典

小笠原諸島返還50周年式典に参列するため、
父島に着きました。

盛大なパレードに引き続き、式典が執り行なわれました。

村挙げてのお祝いに参加でき、嬉しい限りです。

一路母島へ。

父島をひと時離れ、50キロさらに先の母島へ。
ははじま丸というフェリーに朝7時半に乗り込み向かいます。

港での歓迎セレモニーから、施設の表敬訪問・視察から、パレード、式典と続き、昼過ぎの折り返しのフェリーで父島へUターン。

自衛隊基地より、US-2で、厚木基地に帰ります。

 

海は若干荒れていたこともあり、海洋、また他の島々の視察は断念し、父島、母島内の主要地を各会派の代表と視察をすることもでき、

リアルな意見を出し合いながらの有意義な時間を過ごすこともできました。

私も懐かしく会えた方々ばかりで、とても1泊で用事は済むわけもなく、近く改めて船でいかなければと思います。

とにかく、お世話なった島関係の皆様、また渡航、準備執行にあたられた各位に、
心からの敬意と御礼申し上げます。

自衛隊、航空艇 US-2とは?との質問が多かったので、写真を載せておきます。